Home > web Archive

web Archive

Django Girlsで初めてのWebアプリを作る

  • 2018-10-28 (日)
  • web

「プログラミングを学びたい」といろいろ始めてみるも続かず、気持ちだけ焦っていたところ、たまたま目にした Django Girls ワークショップの募集。Pythonを使ってWebアプリを作るという内容で、なんと無料とのこと。勇気を出して参加してみた。

こんな方にオススメ

・プログラミング入門者
はじめてプログラミングに挑戦する方
プログラミングに興味あるけど、何から始めたらよいかわからない方

・Python初心者
PythonやDjangoをこれから勉強したい方や勉強中の方
Java、PHP、Rubyなど他の言語は経験あるけど、Pythonは初めて

初心者から経験者まで大丈夫、とある。自分がどのレベルにあるかも分からないので、こう間口が広いと安心して申し込むことができる。難しくてついていけないのも嫌だし、簡単すぎるのもつまらない。

    私のレベル。
  • 高校でCOBOLを少し学ぶ(全商情報処理検定1級)←普通の高校生がとるやつ
  • 電気通信工事担任者アナログ・デジタル総合種を取得←普通の工事業者がとるやつ。インターネットの仕組みとかプロトコルとか覚えたけどプログラミングにはあまり関係ない
  • HTML・CSSを本やWebで学んで趣味のサイトをいくつか作る←テキストエディタでひたすら手打ちしてFTPでアップするという昔ながらのやり方
  • WordPressを少しだけ触るも、PHPを覚えられてないので学びの必要性を感じている
  • つまり、

     =まったくの初心者ではないが中級者ともいえない、中途半端なレベル!

    ……ということで、早起きして福島から会津若松まで1時間半ほど車を走らせた。会場となったイベントスペースの一角には、10代~40代の女性が十数名集まっていた。ギークな方が多いのかと思いきや、皆さんおしゃれで素敵な雰囲気。どきどき。

    まずは自己申告でのレベルに合わせて、各テーブルに席を移動するらしい。

    1.プログラミングをすでにやってるよっていう人
    2.HTMLとCSSは分かるよっていう人
    3.本当に初めてだよっていう人

    こんな感じで分かれた(うろ覚え)。私は2番。私を含め3人のグループになった。

    ワークショップが始まる。
    行く前はどんなことをするのか想像もつかなかったけれど、要するに、お手本(Django Girlsのチュートリアル)を見ながら、各自が自分のパソコンで作業してWebアプリを作るということだった。グループごとにコーチがついてくれているので、分からないことや質問したいことがあれば、気軽にどんどん質問できる。自主学習のようなものだから参加者のレベルは問われなかったんだなあ、と納得。

    このチュートリアルがとてもしっかりしているので、エラーが出てもスペルミスくらいで、サクサク進むことができた。ただ、「言ってることはなんとなく分かるし、お手本通りに打ち込んだらその通りに動いた」というだけで、構文のひとつひとつを理解しながら打っている訳ではない。これでいいのだろうか?

    コーチに聞くと、「それは反復練習で、だんだん理解できるようになる」とのこと。やっぱり反復練習は大事ね!昔、HTMLを覚えることができたのも、ひたすら手で打ちまくったからだと思う。CSSの時代になってからはネットでみつけたすてきな装飾のコードをコピペ改変してるだけなので、ゼロから自分で作れと言われたらちょっとできないかも。

    「Webアプリを作る」という意味もピンときてなかったんだけれど、ブログの仕組み自体を作るという意味だった。トップページや個別の記事のページはもちろん、投稿のためのシステムまで。まさに知りたいと思っていたことだったので嬉しかった。というより、何をするかも分かってないのに参加した自分えらいと思った。

    10時から17時半の間、休憩を挟みながらの作業。手が止まるとコーチがさっと飛んできて、どうしたの?と話しかけてくれるので詰まりようがない。もう少し上達したら一人でエラーに悩むのも大事かもしれないけれど、最初はとにかく、すぐ次に進められることがありがたい。

    なんとか時間内に完成!自分だけのブログが、自分のパソコン内だけで見られるようになった。かなりの達成感。

    夜の懇親会では、バリバリのプログラマや、会津大学関係の方と話すことができて楽しかった。会津大学は1993年に設立されたコンピュータ理工学の単科大学で、そのため会津ではIT関連のイベントがよく開かれている。

    会津大の学生さんに「昔COBOLをやっていた」と言うと「あーーーーCOBOL。教科書に載ってました。歴史……、って感じですよね」と言われて衝撃的だった。COBOLは歴史上の言語!そしてインターネット初期のダイヤルアップ接続の苦労について話してると、「学校で死ぬほど聞かされている」とのこと。そ、そうだよね……。でも私は周りにこんな話をできる人が全然いないから、すごく楽しかった!

    勉強になったし、出会いもあって、本当に参加してよかった。今まで口だけだった「プログラミングを勉強するぞ!」を実現できた。三日坊主で終わっていたオンラインプログラミング塾も、また再開してみよう。このやる気を出すきっかけになったというのが、一番の収穫だ。

    学びたい気持ちと、行動する勇気。
    これからも大事にしたい。勉強がんばるぞーー。

    Home > web Archive

    サイト内検索
    Feeds
    Meta

    Return to page top